車検(千葉市・船橋市)・車検切れ・他県ナンバーなら

千葉県で格安・安心な車検

(千葉市・船橋市・習志野市・市川市・八千代・佐倉・四街道)

知って得するオイルの話し

日頃点検・整備をしっかりしておけば、回避できるトラブルは多くありますが、それでも年数が経ってくると、まったく無いとは言い切れません。
もし、トラブルに遭ってしまった場合の応急対処法をご紹介しますので、参考にしてください。

いろいろなオイル

色々なオイル

一般的にオイルというと、エンジンオイルを指しますが、実はクルマにはいろいろな場所にそれぞれのオイルが使われているのです。
それぞれのオイルが大切な役割を担っているので、ドライバーなら名称程度は覚えておきたいものです。
きっと 愛車を車検や整備に出すときに役立つはずですよ。

■エンジンオイル
一般的に言われるオイルとはこのこと。
エンジン内部の潤滑や洗浄が主な働きのとても重要なオイルです。
燃焼効率を向上させる働きを持ち併せるオイルもあります。
走行距離や時間の経過で劣化しますので、必ず定期的な交換が必要です。
■デフオイル
エンジンから伝わる動力をタイヤに伝えるためのデフ(デフレッシャルギア)に使われる潤滑オイルです。
最近主流のFF車(前輪駆動車)では、前述のエンジンオイルがデフオイルの役割も兼ねる場合が多いですが、FR車や四輪駆動車では別になりますので、やはり定期的な交換が必要です。
■ミッションオイル
現在主流のAT車(オートマチック車)ではATF(オートマチック・トランスミッションフルード)という液体がトルクコンバーターの中に満たされています。
この液体は動力を伝達する役目があり、劣化に伴い、変速時のショックがガクン・ガクンと大きくなります。
MT車(マニュアル車)のミッションオイルは粘度が高いオイルを使いミッションの保護と潤滑の役目を果たします。
■ブレーキフルード
ブレーキペダルと実際にタイヤの駆動を止めるブレーキの間には油圧を伝える管があり、この管の中に満たされているのが、ブレーキフルードです。
劣化するとブレーキの効きが悪くなります。また、下り坂などで連続ブレーキを使うとブレーキフルード内に気泡が生じ、効きがかなり悪くなりますので、注意して下さい。
■パワーステアリングフルード
油圧式のパワーステアリングを作動させるフルードです。
劣化しますと、ハンドルが重く感じるようになります。

大切なエンジンオイルとオイルフィルターの役目

エンジンオイルには、潤滑・洗浄・密閉・冷却・防錆効果があります。

エンジン内部には、歯車やクランク・ピストンシリンダーなどがあり、それらが噛み合ったりして常に金属が擦り合って動いています。
その摩擦部分に潤滑オイルを満たすことで、摩擦抵抗を減らす効果があります。
エンジンオイルとオイルフィルターの役目このオイルが劣化したり減ってきたりすると、潤滑効果が悪くなり、燃費悪化やパワー減少などの症状が生じます。さらに放っておくとエンジン内部の焼き付けなどをおこし、大きな故障となりますので、こまめなチェックが必要です。
 
オイル交換のポイント また、エンジン内部は高温で燃焼するのでススが生じます。そのススが付着すると正常な動きを妨げ、効率が落ち燃費が悪くなります。エンジンオイルはそのススを洗浄しながら循環しています。半年または走行距離3,000km以上になるとかなりの量のススをエンジンオイルは洗浄していることになりますので、劣化するのです。 また、オイルフィルターはそのススを濾過する役目を担っているので、オイル交換2回に1回は交換が必要です。オイルフィルターを交換せずに乗り続けますと、濾紙の目詰りによりオイルの流れが悪くなり、もっとひどくなりますと濾過されないオイルがバイパス通路を通り循環しますので、エンジンを傷める結果となります。

ちば中央車検では、車検後2年間のご来店特典としまして、

オイル交換は半年または3,000km毎に1回をお勧めします。
当社では国内全メーカーのオイル交換サービスを行っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

043-255-0459 無料見積もり実施中
国産全車種対応!

ちば中央車検って?

お得な割引サービス

お役立ちサービス

快適なカーライフの秘訣

無料お見積依頼

Page Top