車検(千葉市・船橋市)・車検切れ・他県ナンバーなら

千葉県で格安・安心な車検

(千葉市・船橋市・習志野市・市川市・八千代・佐倉・四街道)

走行中のトラブル編

日頃点検・整備をしっかりしておけば、回避できるトラブルは多くありますが、それでも年数が経ってくると、まったく無いとは言い切れません。
もし、トラブルに遭ってしまった場合の応急対処法をご紹介しますので、参考にしてください。

■計器類が伝える愛車の異常

お車には必ずスピードメーターやエンジンの回転数を伝えるタコメーターなどを集めた計器類が運転席に常備されています。計器類の中にはいろいろな警告灯ランプもあります。
この計器類をすべてて理解していますか?

計器類

【各警告灯の内容】
警告灯 点灯または点滅時の理由
ブレーキ警告灯ブレーキ警告灯 ブレーキ液量警告。パーキング・ブレーキ・レバーを戻しても消灯しない場合は、ブレーキ液量に異常があります。
油圧警告灯油圧警告灯 エンジン・オイルの圧力に異常があります。
充電警告灯充電警告灯 充電系統に異常があります。
排気温度警告灯排気温度警告灯 排気温度が異常に高くなっています。
エアバッグ警告灯エアバッグ警告灯 エアバッグ・システムに異常があります。
エンジン警告灯エンジン警告灯 エンジン電子制御システムに異常があります。
ABS警告灯ABS警告灯 ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)に異常があります。
半ドア警告灯半ドア警告灯 ドアが確実に閉まっていません。
半ドア警告灯シートベルト警告灯 シートベルトをしていません。
ブレーキ警告灯ブレーキ警告灯 パーキングブレーキ、レバー戻し忘れ警告。パーキングブレーキがかかっています。

■オーバーヒートを起こしたら

水温計

水温計が異常に上がってきたらオーバーヒートを起こしています。
オーバーヒートの原因としてはエンジンの冷却水の漏れ、冷却ファン、ウォーターポンプなどの故障が考えられます。このような場合は、すみやかに車を停止し、ボンネットのカバーを開け、エンジンが冷めやすい状態にし、エンジンを止めましょう。ただし、オーバーヒートには色々な原因が考えられ、その対処法も色々ありますので、早急に専門工場の相談することをお勧めします。
そのまま走行を続けるとエンジンに多大なダメージを与えてしまうので要注意です。 また、金属音を伴うオーバーヒートの場合はエンジンオイル漏れや極端な劣化が考えられますので、エンジンを速やかに停止して下さい。 そしてその後はできるだけ早くに修理工場へ行きましょう。

■タイヤがパンク!

走行中、なんだか車が傾いているみたい。すぐに停車して外に出て見たら運悪くパンク! 
周りを見渡してみても助けを呼べそうにない。そんな時、諦めないでスペアタイヤの交換作業に挑戦してみましょう。一度覚えてしまえば、難しいことはありません。


ジャッキー・ホイールレンチ・輪止めなど、必要な工具をご用意下さい。

パンクしたタイヤと対角線上にあるタイヤに輪止めをかけて、車が動かないようにして下さい。

パンクしてしまったタイヤにホイールキャップがある場合、取り外してください。
 

ジャッキーアップする前にホイールナットを少しだけ緩めます。ナットが硬い場合、足を使うと楽です。

パンクしたタイヤの近くのジャッキアップ・ポイントを確認します。

パンクしたタイヤの近くのジャッキアップポイントにジャッキをかけます。
 

パンクしたタイヤが地面から持ち上がるまで、ジャッキーアップします。

ホイールのナットを取り外し、スペアタイヤと交換します。

ホイルナットを図の順番のように対角線に沿ってタイヤが動かなくなる程度に仮締めします。
 

ジャッキーダウンして、車体を地面にしっかり降ろし、ジャッキーを取り除いたら、9.と同じ要領で対角線に沿って、2・3回に分けながら少しずつしっかりとホイールナットを締め付けます。

注意!
応急用のタイヤは長い期間走れません。パンクしたタイヤを早急に修理して、取り付け直してください。
エンジンルームから異音

■エンジンルームから異音が!

とにかく停車してください!

すぐに安全な場所に停車して下さい。エンジンルームの異音は、大きなトラブルにつながる可能性があります。 まずボンネットを開け、ベルト類を確認して下さい。ファンベルトは発電器やエアコンのコンプレッサーなどを駆動するためのもので、これが切れると「バチン!」と大きな音が出ます。しばらく時間が経つと異音が消えてしまうベルト類もありますが、自然に治ることは考えられません。またエンジン自体の焼き付きも考えられます。すぐにご連絡下さい。

エンジン本体から異音 !?(カラカラ・ゴロゴロ・ガラガラ等)

この場合は車の利用は諦めてください。
エンジンオイル切れによるエンジン内の焼付きか、ウォータポンプの故障が考えられます。
パワーが落ちるようであればオートマチックトランスミッションの故障、またエンジンがストップしてしまったらタイミングベルト切れも考えらます(ベルトの寿命は10万km程度です。車種によってはタイミングチェーンを使っております)。走行10万km位を超える前にタイミングベルトの交換を考えましょう。

■ブレーキを踏むと変な音が…

ブレーキを踏むと異音

ブレーキパッドがすり減っているかもしれません!!

キィーキィーといった異音がブレーキを踏むたびに出る時は、ブレーキパッドの老朽化や偏摩耗が考えられます。 またブレーキを踏むたびにゴーゴー音がしたり、ブレーキを踏まずにキィキィ音がする時には、ブレーキパッドの摩耗が考えられます。 ブレーキトラブルは大きな事故に繋がりやすいので早急にご連絡下さい。

乗車前や乗車中に車の異常が生じたら、すぐにお電話下さい。そのままの状態で放っておくと、大きな故障や事故につながる危険があります。
十分な知識や技術を持たずに整備を行うとケガをしたり故障の原因になることがあります。
043-255-0459 無料見積もり実施中
国産全車種対応!

ちば中央車検って?

お得な割引サービス

お役立ちサービス

快適なカーライフの秘訣

無料お見積依頼

Page Top